1 切削加工とは
   切削加工とは棒状または角状の加工物(材料)をバイトやエンドミルなどの
  切削工具を用いてその表面を削り取り、希望する形状・寸法に加工する 
  技術です。
   この加工技術はその他の鋳造、鍛造加工などに比べて高精度の加工が
  出来るのが特徴でその応用範囲は幅広いものになっています
。 

 2 切削加工の種類
   切削加工は大きく分けてバイトなどの工具を使用した加工方法とエンドミル、
  フライスカッターなどの工具を使用した加工方法に分けられます。

 3 バイトなどの工具による加工(旋削加工)
   バイト等による加工は材料を旋盤のチャックに固定して回転させて、外径、
  内径、端面を切削する加工方法です。近年、主軸スピンドルの精度の向上に
  ともない加工精度マイクロメートルオーダーレベルの加工も一般的に可能に
  なってきています。
   機械 : 旋盤、卓上旋盤、倣い旋盤、自動旋盤、タレット旋盤、NC旋盤など

 4 エンドミルなどの工具による加工(ミーリング加工)
   エンドミル等による加工は材料をバイスに固定してエンドミルを回転させなが
  ら移動させて形を削り出していくものです。マシニングセンターという機械は数
  十本の異なった種類のエンドミルやドリルを搭載し、コンピュータ制御により複
  雑な形状のものでも加工することが出来ます。
   機械 : フライス盤、マシニングセンタ、万能フライス盤など